投稿者「Butt」のアーカイブ

占いの四柱推命で宿命星が「劫財」の人の性格

占いの四柱推命で宿命星が「劫財」ノ人の性格ハこんな感じかもしれません。

宿命星が「劫財」に人は自由奔放の方にハマらないはみだし精神が旺盛の人です。
性格的にはしっかり者でプライドも高い人です。

とはいっても人付き合いは上手な方です。
プライドは高くてもいそれがまわりにさとられることはなく、人当たりは意外と柔らかいのです。
また面倒見がいい人が多いです。

人付き合いにおいては、あまり他人を不快にすることはありません。
誰ともでもうまくやっていけるタイプです。
自分の思い通りにするために物事を強引に進めることはありませんが、そのための駆け引きには長けています。

ただ、この見た目の柔和さとは反対に、内なる気性の粗さは相当なもの。
その精神的に不安定な部分もあり、それが他人いは理解できない場合もあります。
ただこれが功を奏して、誰もが考えられなかった大胆な行動に打って出ることもあります。
それが大当たりして大成功を収めることもあります。

一見、人付き合いもよさそうな人にみえる「劫財」ですが、意外や孤独な面を持ち合わせています。

本質的に強い自我を秘めていて、その部分は誰にも触れさせないのです。

とにかく「よくわからない人」という印象を持たれがちです。
この「劫財」の性格をまわりに理解者がいれば、どんどん発展していくことでしょう。

「劫財」の人が気と付けなければいけないてんが「お金」です。
とにかく気前がいい。
これは自分位も他人にもです。
とにかく@「お金」にはあまり執着心がないのです。
ですから、あればあるだけ使っちゃいます。
また、投資やギャンブルも大好きで、お金に関しては浮き沈みがとにかく激しい星です。

人付き合いも上手で相手のふところにもなんなく飛び込める「劫財」の人は策士タイプで、自分では気づかぬうちに相手を思うままに動かしてしまう才能があります。
ただそれを悪意にとらえられかねないこともあるので気を付けましょう。

型破りで駆け引き上手
世話好きなおせっかいで人気者
それが「劫財」の人です。
女性から告白 長続きする

ノンレム睡眠中も脳の細胞は活動している

ノンレム睡眠にはステージ1~3があります。
実はこのステージごとに脳波に違いがみられるのです。
の意レム睡眠のステージ1に入ると、入眠前にみられたアルファ波が消え、振幅の離異彩脳波が現れます。
次のステージ2では「紡錘波」と呼ばれるさらに小刻みの脳波がみられます。
このステージ2のノンレム睡眠が睡眠全体で最も長い時間を占めます。

ステージ3に入ると今度は「デルタ波」とよばれる1秒間に1~4回程度のゆっくり心服する脳はが現れます。
この「デルタ0」波は大脳の神経細胞が一斉に休んだり活動したりを繰り返しています。
こうした神経細胞の活動の周期が何を意味しているのか?はまだ解明されていません。
しかし、近年の研究ではこのノンレム睡眠中に記憶の整理が脳内で行われているという報告もあります。
ノンレム睡眠中の簿い鵜は、不要な神経細胞同士のつながりを解除するなどして記憶の再構築と強化が行われていると考えられています。

睡眠h空はこのようにレム睡眠とノンレム睡眠中を繰り返しています。
このレム睡眠中に夢を見るとされています。
ノンレム睡眠とは異なり、レム睡眠中はなんと脳の中では覚醒時と同じ脳波を出しているのです。
まさに身体は寝ているのに脳は起きている状態なのです。

自分ではとても確かめられないのですが、このレム睡眠中はなんと眼球が小刻みに動いているのです。
脊椎動物の中でこのレム睡眠があるん尾は哺乳類だけだそうです。

脳波を見てみると、レム睡眠中の脳波は覚醒時と同じくらいかそれ以上の活動をしている脳の分野もあることもわかってきました、
それが奇想天外の夢を見るい理由かもしれません。
「空と飛んでいる夢」
「怪獣が現れて暴れる夢」
などなどとても現実世界ではあり得ない夢を見た経験がある人はほとんど全員ではないでしょうか。
それはレム睡眠中の脳では、理性的な判断を行う「前頭前野」の働きが低下します、
それとは逆に
視覚イメージをつかさどる「視覚連合野」
感情をつかさどる「偏桃体」
が活発になります。
奇想天外な夢を見るのはこんな理由があったとは驚きです。
ぎっくり腰 仕事 休む期間

「金銭感覚」=「その人の価値観」高い安いはみんなバラバラ

お金の使い方にはその人の価値観が現れます。
つまり金銭感覚ってその人の価値観や生き方でもあるのです。
これは他人がどうこう言えることではありません。
お金を貸せう具の樋使うこと
お金を借り知古と溶かすこと
お金を節約するのと浪費すること
あるいは
貯金をするのとおろすこと
真逆であるからこそこのバランスがとても大事です。

しかし、世の中にはこのバランスがうまくとれていない人が多いのも事実です。
もったいない、もったいない、そんな節約ばかりして人生の楽しみを損している人がいたり
後先のことなど考えずに無駄遣いや浪費ばかり繰り返し後で大変な苦労をする人
どちらもあまりお勧めできません。

しかしこれが難しいのは金銭感覚=その人の価値観でもあるからです。

例えば野菜のキャベツがあるスーパーでは1玉200円
しかしすぐ近くの他のスーパーでは150円
それがわかっていてもひとつのすーぱーで 高いキャベツを買うことが果たして無駄遣いなのか?
そうともいえなくぃのですね。
わざわざ安いキャベツを買うために別のスーパーまで足を運ぶ
いくらかのお金を節約するよりも楽をして時間も労力も節約するほうがその人にとっては有意義と考えることもあるからです。

節約することはとても良いことなのですが決してそれが「ケチ」であってはなりません。
浪費と「思えることでも、他の人から見れば「人生を楽しんでいる」「気前がいい」と見えることもあります。
お金に対する価値観はそのひとの価値観そのものですから、どちらふぁただしとは誰にも決められません。
ただちゃんと
「これ以上はやりすぎだよ」
というボーダーラインが惹かれていればドットでもかまわないkのです。

イソップ童話のアリとキリギリスではアリさんが最終的にはたたえられ手いますが果たしてアリさんの人生は幸せなのでしょうか?
意外と命が短くなってもキリギリスのほうが楽し人生だったといえるかもしれません。
そんな意味でもお金の使い方って難しいんですよね。
金婚式 プレゼント 変わり種